ETF情報

米国における最初のETF(上場投資信託)は1993年に設立された。SPDRs(通称スパイダース)と呼ばれるS&P500指数に連動を目指すインデックスファンドである。その後いろいろな指数に連動を目指すETFが開発され、ETFの資産規模は2006年末で4225億ドル(約50兆円)に達した。内訳は、広く株式市場全体をカバーするダウ工業平均指数への連動を目指すETFが半分を占めるが、残りの半分はテクノロジー、金融などの業種別指数、あるいはグローバルな指数や特定の国の株式市場指数をトラックするものまで多彩で、ETFの拡大はETFの商品性の多様化によってもたらされた面が大きい。

 今週は、こうしたマーケットの特定の分野やニッチなエリアに投資する新種のETFにスポットを当て、その中から幾つかを紹介してみたい。

【新種のETFバラエティー】

1 コモディティETF

 「アイシェアーズGSCIコモディティ・インデックスド・トラスト」は、CERFという商品先物に投資するETFだ。CERFはゴールドマン・サックスの商品指数に連動するので、このETFによって商品市場全体の値動きに連動したリターンの獲得が期待できる。

2 ゴールドETF

 「アイシェアーズCOMEXゴールド・トラスト」。このトラストが現物の金塊を保有し、保有する金塊の価額を表象する証券を発行、ETFとして上場する。これによりETFの価額は日々の金価格に連動を目指す。

3 レバレッジETF

 「ウルトラS&P500プロシェアーズ/ショートS&P500プロシェアーズ」など。プロシェアーズ・アドバイザーズが運用するブルベア型ファンドである。ウルトラシリーズはダウ工業株平均指数などを対象とし、それぞれ指数の変動率と同方向に2倍の変動を目指す。

4 高配当利回り株ETF

 「アイシェアーズ・ダウ・ジョーンズ・セレクト・ビヴィデント・インデックス」。最近人気の高配当利回り株投資に焦点を当てたETF。ダウ・ジョーンズ・トータル・マーケット・インデックスの採用銘柄の中から、過去5年間の配当成長率、1日平均出来高などの基準で高配当利回り株を100銘柄選択(REITを除く)して作成した指数を追随。

5 テクニカル指標に基づくETF

 「パワーシェアーズDWAテクニカル・リーダーズ・ポートフォリオ」というファンドがETFの上場を申請中とのことだ。このファンドはテクニカル指標から見て、市場のリーダーとなる100銘柄で構成するインデックスに連動する値動きを目指すETFで、構成銘柄は3カ月に1回見直しとリバランスをする。

    ◇

 以上のように、最近の米国では新種のETFを組成するために、ある分野に特化したものや、すき間的な分野に特化したインデックスを作成する傾向が見られる。このため、マーケットのごく一部の分野を取り上げる結果、インデックスに含まれる銘柄だけでは流動性が不足し、十分な分散投資が出来ないのではないかという懸念がある。

【アクティブETF】

 もう一つの課題は「アクティブETF」の導入問題である。

 現行のETFは、すべてインデックスタイプのファンドである。その理由はポートフォリオ組み入れ銘柄の透明性にある。ところがアクテイブファンドではポートフォリオの中身が分からないため、市場価格と純資産価額の間の乖離(かいり)が大きくなり、ETFの設定・解約がスムーズに行えなくなる恐れがあると指摘されてきた。

 しかし、最近の新聞報道によれば、SECがアクティブETFを認可する日も近いのではないかと見られている。ただ、インデックスETFの世界でも、既に見たようにエンハンスド・インデックスやカスタマイズされたインデックスなどを利用したETFが続々と出現している。これらのETFはアクティブETFの特徴をすでに採り入れたETFということができ、インデックスETFとアクティブETFの差は縮まってきているといえよう。
〜asahi.comより〜

ちょっと!注目の他の項目
近代金貨オークション
金融商品の多様化
ETF情報
金投資『純金積立』
金ETFとは?
Menu
HOME
ちょっと!注目
近代金貨オークション
金融商品の多様化
ETF情報
金投資『純金積立』
金ETFとは?
金投資の基礎知識
金投資
金の価格
金の値段
金の価値
金の特徴
金の歴史
金投資スタイル
金価格とスプレッド
金投資のオンライントレード
純金積立
金貨
金地金
金取引形態
金の購入
金投資のポイント
金投資の心得
金と税金
金と贈与税
金と相続税
金と売却損
金と売却益
金と消費税
投資関連リンク集
  相互リンク
お問い合わせは
こちら