金と贈与税

財産の移転には「贈与税」が課せられ、「口頭」あるいは「書面」で「贈与契約」に基づくものであれば、法的にも有効になります。贈与の場合は、後でいつ贈与されたのかわからなくなってしまいがちなので、したがって「書面」による贈与契約のほうが望ましいとされます。

贈与の際の金地金の評価額は、贈与が成立した日の店頭小売価格となりす。また贈与された金を売却すると、譲渡所得の対象となり、取得価格は贈与時の評価額となります。贈与税額ですが、基礎控除(年間/110万円)の範囲であれば「非課税」となります。

相続時清算課税制度
贈与は年間で110万円まで非課税になるわけですが、相続時清算課税制度を利用すると、2500万円までの贈与税が非課税となります。ただし、贈与者に相続が発生すると生前に贈与されたすべての財産を相続財産として相続税の対象となります。また、一度この制度を選んでしまうと毎年110間円の贈与税の基礎控除が使えなくなります。
金と税金の他の項目
金と贈与税
金と相続税
金と売却損
金と売却益
金と消費税
Menu
HOME
ちょっと!注目
近代金貨オークション
金融商品の多様化
ETF情報
金投資『純金積立』
金ETFとは?
金投資の基礎知識
金投資
金の価格
金の値段
金の価値
金の特徴
金の歴史
金投資スタイル
金価格とスプレッド
金投資のオンライントレード
純金積立
金貨
金地金
金取引形態
金の購入
金投資のポイント
金投資の心得
金と税金
金と贈与税
金と相続税
金と売却損
金と売却益
金と消費税
投資関連リンク集
  相互リンク
お問い合わせは
こちら