金投資の心得

金を保有する目安は資産の10%程度
金投資の基本的な考え方は、金で儲けるのではなく金で安心や安全を買うということです。また金は他の金融商品とは異なり発行体を持たないので、破錠リスクがありません。

金投資の心得

金はあくまでもそのもの自体が価値を持つ実物の資産なので、市場価格が変動することはあっても、「紙くず」になることはないということです。それではどれくらいの金を保有したらよいかということですが、一般には、10%程度がひとつの目安と考えられています。

金には資産を保全するという特性はありますが、一方では、金には価格が変動するリスクがあり、また預貯金のように利息を生むということはありません。不測の事態に金を保有するという考え方がお勧めです。


金を買う時には、数回に分けて買う。

金も相場商品であるため、短期的には、株式と同じように毎日、価格は変動しています。金価格は、ドル建て金価格の変動と為替レートの変動の影響を受けるため、円高になれば円建て金価格はは下がり、反対に円安なれば、金価格は上がることになります。

価格が変動しても大きなマイナスにならないようにするためには、購入時期と購入資金を数回に分散することです。将来、購入後の金価格が下がったとしても追加して購入する資金の余裕を持っていれば、購入単価は平均化されます。売却する場合も同じで、分散して売るほうが望ましいです。


金投資のポイントの他の項目
金投資の心得
Menu
HOME
ちょっと!注目
近代金貨オークション
金融商品の多様化
ETF情報
金投資『純金積立』
金ETFとは?
金投資の基礎知識
金投資
金の価格
金の値段
金の価値
金の特徴
金の歴史
金投資スタイル
金価格とスプレッド
金投資のオンライントレード
純金積立
金貨
金地金
金取引形態
金の購入
金投資のポイント
金投資の心得
金と税金
金と贈与税
金と相続税
金と売却損
金と売却益
金と消費税
投資関連リンク集
  相互リンク
お問い合わせは
こちら