金取引形態

金投資スタイルには、2つに分けて「金現物取引」と「金先物取引」があります。

「金現物取引」
金現物取引には、金地金(バー)、地金型金貨、純金積み立てと大きく分けて3つの商品があります。これらの商品はどれも金の現物を手にできます。
「金先物取引」
将来的に金の価格が上がると予想した場合、買い注文を出して金の価格が上がったら、売り注文を出し、その差益を受け取るという投機を目的とした取引です。予想が外れると多額の損失が発生することもあります。

そして、損失が証拠金の50%を超える場合は「追証」という追加保証金の払い込みをしなければなりません。先物は「金商品」の中でもリスクが高いので、自己責任が必要になります。

金投資スタイルの他の項目
金価格とスプレッド
金投資のオンライントレード
純金積立
金貨
金地金
金取引形態
金の購入
Menu
HOME
ちょっと!注目
近代金貨オークション
金融商品の多様化
ETF情報
金投資『純金積立』
金ETFとは?
金投資の基礎知識
金投資
金の価格
金の値段
金の価値
金の特徴
金の歴史
金投資スタイル
金価格とスプレッド
金投資のオンライントレード
純金積立
金貨
金地金
金取引形態
金の購入
金投資のポイント
金投資の心得
金と税金
金と贈与税
金と相続税
金と売却損
金と売却益
金と消費税
投資関連リンク集
  相互リンク
お問い合わせは
こちら