金投資

金投資どんなに優れた金融商品も、一長一短で、メリット、デメリットがあります。「金」の他の金融商品と最も違う点は、「金は現物資産であり、それ自体に信用がある」というメリットです。「金」は、それ自体が価値を持っているので、紙幣や債券のように紙くず同然になってしまうことがありません。

メリット


1.現物資産であり、信用リスクがない。
株や債権などのように発行体の消滅でその価値がゼロになることのない「金」は、発行体がない「実物資産」で「金」自体に信用があるので、信用リスクは生じません。


2.有事の金
戦争などの有事が起こると、紙幣や債権、株式の信用リスクが高まりますが金はそれ自体に価値のある実物資産なので、信用リスクとは無縁です。発行体の破綻などによって価値が失われることはないので、資産全体の目減りを防ぐ効果があります。


3.資産の保険
金は株式や債券などの価格とは逆の値動きをすることが多いため、他の金融資産が値下がりしたときに金価格の上昇分で損失分をカバーできる可能性が高いです。

デメリット


1.預貯金や債権のように利息がつかない。
金は預貯金や債券、株式などの金融商品と違って、それ自体に価値がある商品なので、利息は付きません。


2.為替の影響
米ドル相場、N.Y株式相場、原油価格などにより金の価格が決まるので、様々な要因のために長期的に相場の見通しを立てるのが難しいところがあります。


3.価格が下がることがある。
「金価格」は様々な要因で変動しているため、購入時よりも「金価格」が値下がりしている場合、売るときに「売却損」が生じてしまいます。

金投資の基礎知識の他の項目
金投資
金の価格
金の値段
金の価値
金の特徴
金の歴史
Menu
HOME
ちょっと!注目
近代金貨オークション
金融商品の多様化
ETF情報
金投資『純金積立』
金ETFとは?
金投資の基礎知識
金投資
金の価格
金の値段
金の価値
金の特徴
金の歴史
金投資スタイル
金価格とスプレッド
金投資のオンライントレード
純金積立
金貨
金地金
金取引形態
金の購入
金投資のポイント
金投資の心得
金と税金
金と贈与税
金と相続税
金と売却損
金と売却益
金と消費税
投資関連リンク集
  相互リンク
お問い合わせは
こちら