金の価値

金の価値人類が初めて金を手にしたのは約6000年前とされています。6000年以内に手にした金は約14万トンと推定されており、これはオリンピックプール3杯分でしかありません。そして今後採掘できる金の量は約7万トン程度と言われています。きわめて希少であり貴重だということです。オリンピックプール3杯分の金の希少性を時価評価で見ると、日本円にして約196兆円(1グラムあたり1400円で計算)となり、個人の金融資産の総額は約1400兆円ですから、その14%で全世界の金を買えてしまうほどの計算となります。それほど希少であると言えます。

金投資の基礎知識の他の項目
金投資
金の価格
金の値段
金の価値
金の特徴
金の歴史
Menu
HOME
ちょっと!注目
近代金貨オークション
金融商品の多様化
ETF情報
金投資『純金積立』
金ETFとは?
金投資の基礎知識
金投資
金の価格
金の値段
金の価値
金の特徴
金の歴史
金投資スタイル
金価格とスプレッド
金投資のオンライントレード
純金積立
金貨
金地金
金取引形態
金の購入
金投資のポイント
金投資の心得
金と税金
金と贈与税
金と相続税
金と売却損
金と売却益
金と消費税
投資関連リンク集
  相互リンク
お問い合わせは
こちら