金の特徴

資産の保険
「金」は、株式や債券が値上がりする時に金は値下がりし、反対に株式や債券などが値下がりする時に金は値上がりするという逆の値動きをすることが多いのです。そのため、株式や債券などのを保有する際に金を同時に保有しておけば、他の金融商品が値下がりする際に金価格の値上がり分でカバーを期待できることから「資産の保険」 と呼ばれています。

商品、通貨としての役割

「モノ(物)」「マネー(通貨)」の二つの顔を持っています。宝飾素材などの物としての役割と世界各国の中央銀行が保有する資産でもあります。「金」は、ある時期(金本位制)には「通貨としての役割」として、また金ドル本位制が廃止をされた時期には「商品としての役割」の面が強まることになりました。金の持つ通貨としての顔は薄れますが、米国経済とドルに問題が指摘されるときに、逆に金の持つ価値が注目されます。

信用リスクがない

預金や株式、また債券など、すべての金融商品には、発行者(発行体)が存在します。その発行体が破たんすると一般のマネーは、「紙クズ」になってしまいます。しかし、金は希少な資源であり、人為的に作り出したもではないので発行体を持っていません。金はそれ自体に価値を持つ実物資産なので「紙クズ」になることはありません。

金投資の基礎知識の他の項目
金投資
金の価格
金の値段
金の価値
金の特徴
金の歴史
Menu
HOME
ちょっと!注目
近代金貨オークション
金融商品の多様化
ETF情報
金投資『純金積立』
金ETFとは?
金投資の基礎知識
金投資
金の価格
金の値段
金の価値
金の特徴
金の歴史
金投資スタイル
金価格とスプレッド
金投資のオンライントレード
純金積立
金貨
金地金
金取引形態
金の購入
金投資のポイント
金投資の心得
金と税金
金と贈与税
金と相続税
金と売却損
金と売却益
金と消費税
投資関連リンク集
  相互リンク
お問い合わせは
こちら